2019年9月30日月曜日

illustration


やっとゴールの見えてきたイラスト。
お客様の要望に応えることはとても難しいし、苦しい時もあるけれど
意見を言ってもらえることで成長できる自分もいると思うので
デザインもイラストも挑戦の日々が続いています。
小さいけれど少しづつ自信も付いてきたような気もしています。
 
色付けは定番の水彩色鉛筆。
そろそろ水彩絵の具での色付けにも挑戦しようかなと思う今日この頃。

morinotakumino - illustration

2019年9月21日土曜日

coming soon!!


何ヶ月も前から練りにねって、先日やっとデザインが確定し
印刷があがってきた2つのシールを昨日納品してきました。

あとは商品に貼ったら完成。
自分も、tomtomのとむちゃんに教えてもらって愛用している2アイテムなので
仕上がりが益々楽しみです!

出来上がったらこちらでお知らせしますね。



2019年9月17日火曜日

2019年9月16日月曜日

name & shop CARD


natural market tomtomと、tomtomオーナーのとむちゃんの名刺。

名刺は、お月さまの好きなとむちゃんのリクエストで新月をぽわんと浮かせたデザイン。
tomtomのショップカードはロゴをメインに、分かり易さを重視したシンプルなデザイン。
 
最近はイエローのカード発注が人気です。
イエローは、華やかな上に気分も明るくなりますし、個人的にもお勧めのカラーです。

tnanks tomchan!!

2019年9月14日土曜日

natural market tomtom


先月18日の新月の日に、福知山市の広小路商店街通りにオープンした
『natural market tomtom』のロゴデザインを作らせていただきました。


誰でも気軽に入れる、楽しいマルシェをイメージしたイラストロゴで
植物、そしてイタリアが好きということもあり
サイドには幸せを呼ぶと言われているオリーブの木を二本プラスして
メインのフォントはオーナーのリクエストの筆記体でバランスをとりました。

オープンは先月だったのですが、今月に入ってからオーナーとむちゃんより届いた
画像を見てびっくり。感激。
少し前のワークショップでお店がなんと...このロゴモチーフにした外観に!



じゃじゃーん!!!

ちゃんとサイドにはロゴと同じオリーブの木が二本。
とむちゃんがワークショップの先生に、「ロゴが気に入っているんです」と伝えると
その言葉にピンときた先生がこの形にしてくださったようで。
なんだかジブリみたいでとってもワクワクしちゃいます!
植えてある植物も変わったものや見たことないものが多くて本当に可愛い!
植物好きの私としてはキラキラ目が輝いちゃいました。
何よりロゴをモチーフに!ってところが嬉しいな〜


植栽はもちろん、店内に飾られたお花や植物もとにかく可愛い。
ぶらぶらとぶら下がるお花は、オープン記念にいただいたものをドライにしている最中
みたいなのですが、その飾り方も素敵で。

その店内には、とむちゃんのセンス溢れるオーガニック食品や調味料、
無能薬のお野菜、環境に対する考えを優しく教えてくれる絵本や書籍がいっぱい!
2階には身体に優しいお洋服や下着などが並びます。
(2階の写真、1階に夢中になりすぎて撮り忘れました..笑)







今このような世界にとっても興味がありハマっているので
私の物欲は収まりきらずに、でも「今回はこれだけ!」とかな〜り我慢して
絞って購入しました。笑

この時買った有精卵のタルタルソース、アリサンのピーナッツバター、
岩手県から届くアムタピャーナさんのビーガンマフィン...
もう全部美味しくて美味しくて、無くなったらどうしようと思う日々です。笑
ビーガンマフィンは毎日ある訳じゃないのですが予約もできるみたいです!

やっぱり有機でつくられた食べ物は本当に美味しい。
何もしなくてもそのものが美味しいし、tomtomで買えるものを使えば
最高に美味しいものがお家で食べられちゃうものですから
今外食にはめっぽう興味がありません。笑


同じ「友美」という名前で、同じ年齢で、出生月も同じ。
なんだかとてもご縁のある出会いから早半年。
まだ店名も決まっていなかった最初のミーティングを思い出すと
なんだかとても感慨深いものがありますし、
「tomtom」には「ともみ」という名前の由来もあるから、とても愛着が湧きます。

色々あって、正直本当に辛いこともあったけれど、とむちゃんのお店つくりに関われて
よかったな、幸せだなって、先日この前お店を訪れて本当にそう思いました。

natural market tomtomは、とむちゃんの優しい人柄 と、とむちゃんの「好き」が
たくさん詰まったお店です。
商品についても詳しく教えてくれますし、関西圏ではあまり見かけない東北や北関東、
信州なんかのものもあるので、お勧めです。
福知山市にお越しの際は是非に!また来週いこ〜っと。笑

とむちゃん、ちょっぴり遅くなっちゃったけどオープンおめでとう!
そして頼んでくれてありがとう。 
私の大好きお店。


  【shop info】

 『ナチュラルマーケット トムトム』 

 address / 福知山市中ノ48-8
 opne / 9:00 - 15:00
 月+水+不定休

2019年9月12日木曜日

BAKE & CAFE Loople Opening


ロゴとショップカードのお手伝いさせてもらったBAKE & CAFE Loopleさんが
本日初出店!ということで、福知山にある「アーキテンポ」さんへ
ちょろっと顔を出しに行ってきました。



 





彼女の愛情がたっぷり詰まったマフィンとスコーン。
試行錯誤を重ねたというだけあって、パワーアップしていた気がします。
チョコとオレンジのマフィン、見てるだけでよだれ出そうなくらい
ふんわりして美味しそうだったな〜
準備中にちらっとお邪魔しただけだったのですが、オープンして1時間半で完売したそうで!
なんだか自分のことのように嬉しく思いました。

いつ会っても、私の作ったロゴが大好きだと言ってくれる結衣ちゃん。
こうゆう人のためにこれからもデザインを細くでも良いから長く続けていきたいと思います。


 これからもいろんなマルシェやイベントに出店していくみたいなので
BAKE & CAFE Loopleの活躍に乞うご期待です!
 
special thanks YUI!!

2019年9月11日水曜日

No title


最近観好きだなと思った映画、5作品。






全部面白かったし好きだけれど、
中でも「女は二度決断する」は、重たいしかなりしんどいけれど心に残った。
自分がこの立場ならどうするだろうということを何度も考えてしまいます。

「モリーズ・ゲーム」はこのメインビジュアルのせいで観る気を無くしてしまっていたけど
内容はこんなお色気な感じじゃないし、実話に基づいた話で情報量が多く
テンポよく進んでいくし割と気兼ねなく観れます。
流石、アーロン・ソーキン!となる作品で友人にもお勧めしたくらいです。

「シンプルフェイバー」は全く期待してなかったのに面白かったし
何よりブレイク・ライブリーがカッコ良い&綺麗すぎて見入ってしまいました。

もうすぐ芸術の秋、食欲の秋なので
映画とドーナツ&珈琲で、休みの日も家から出ない生活が始まりそうな予感。笑

2019年9月10日火曜日

Toyama city


富山2日目は、環水公園を通って
(見晴らしの良いスターバックスがあります)
前回行くことができなかった念願のTAD(富山市美術館)へ。




外観から凄まじかったTAD。
壮大なスケール感のあるガラス張り。

一階では学生の卒展、二階では常設のピカソやダリといった名だたる画家の作品が見れ
期間限定での作品展はラッキーなことに「日本の美 美術×デザイン」!
大好きな葛飾北斎や歌川広重などの浮き絵版画から、現代美術に至るまでの作品がを
たっぷり見ることができました。
主人ですら、北斎の版画には感激していてなんだか嬉しかった。

作品もよかったけれど、この美術館は窓が多くて自然光がたっぷり入る空間なので
とっても気持ち良い。
しかも大きな窓からは立山連邦が見えて、本当に最高の景色が一望できちゃいます。
屋上は子供たちも遊べるキッズスペースになっていたり、
面白いオブジェがあったりと、どの場所でもワクワクさせてくれるので
展覧会に興味がなくても、一度行ってみては!とお勧めしたくなる、そんな美術館。
富山にくる度訪れたい場所となりました。


車で移動して、お昼ご飯はオーガニック野菜を使ったランチを提供している
「AndLife」さんへ。
美味しいし安心だし、ボリューム満点で大満足。 
旅先でどうしても野菜が不足してしまうので、これは嬉しい。





そして最後は、建築家の隈研吾さんの建築で有名なガラス美術館へ。
こちらにも外観からうっとり..表情豊かな立山連邦をイメージしたデザインなんだそうです。
中の作りも富山県散材を使用していて、なんとも複雑な作り。
建築物はよくわからないのですが、
人生で一番印象に残っている展覧会の美術館の建築が隈さんだったという記憶があり
とても好きです。

美術館を出たらあっという間に帰る時間。
一泊って一瞬ですね...次は二泊で近いうちにまた行こう!

 love TOYAMA!!!!@TAD

tateyama


ぽっかり空いた2日間。
今回は二度目の富山県へ。
白馬ですっかり山に魅了されていたのもあり、1日目の目的地は立山。

立山駅の麓からケーブルへ乗り、そこからバスで走ること50分。
標高2450m地点の「室堂」という駅へ到着 。
そこには日頃のモヤモヤも吹き飛ぶ、日頃見ている山とはスケール全く違う
素晴らしい景色が広がっていました。
雪化粧した冬山も良いけれど、夏山は空のブルーと山のグリーンのコントラストが
ベラボーに素晴らしかった。





この日の地上の気温が36度だったのに対して、山の気温は18度低いと言われていたのできっと涼しいのだろうな〜と思い、ちゃっかり冬の装いを用意していたのですが
あまりの天気の良さに照りつける太陽が激アツで、ふらふらするレベル。
アウターなんてただの邪魔もの。笑



 
ここでお弁当を食べて、その後も散策ルートを1時間程歩きます。




こちらがみくりが池。もちろん誰も足を踏み入れることができない聖域なので
水は透き通った美しいブルーでした。圧巻の景色。







室堂を後にし、弥陀ヶ原駅で下車。
室堂とはまた違った平地でだだっぴろく、高山植物が沢山咲いており
地上では見られない珍しい品種を見られたりしました。

しかしやはりこの日は暑すぎ....
直射日光にめっぽう弱い私は、ゴール地点で完全にへばってしまいくたくたな上に
標高の高いところで息がしにくいことにも気づき、なんだかぐったりでした。笑

まあ一回目はこんなもんやろう!と
これから始めたいと思っている登山への道のりはまだまだほど遠いなと思ったけれど
本当に美しい山を沢山見れて大満足の時間でした。
次は雪山の季節に、体力をしっかりつけてから挑みたいものです。


 midagahara - tateyama - toyama